顎ニキビ ファンデーション

顎ニキビはファンデーションでは隠せませんでした。もちろん、化粧が上手な方はミネラルファンデで上手に顎ニキビを隠すんでしょうけど、不器用な私には顎ニキビをファンデーションで隠すことがむつかしかったんです。最終的には、普通にBBクリーム使っていました。
MENU

顎ニキビは栄養不足?それとも栄養過多?

顎ニキビが出来てしまう原因の一つに食事があります。食事が原因といわれると、きっと食べ過ぎが原因と思うかもしれませんが、栄養バランスが悪いことで起こるという可能性もあるんです。顎ニキビは脂っこい食事を好んで食べると出来やすくなります。これは男性ホルモンの分泌量が増え、女性ホルモンの分泌量が低下することで、ニキビの原因菌であるアクネ菌の餌となる皮脂が過剰に分泌される為です。また皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖する時に好都合な環境づくりをしてしまうという理由もあります。では、栄養バランスが悪いとどうして顎ニキビができるのかとうと、腸内環境が悪くなるためなんです。また、お肌の新陳代謝をするために必要な亜鉛やビタミン類が不足することで、お肌は老化し、抵抗力を低下させてしまうためにニキビが出来やすいお肌になってしまうんです。このようなことを避けるために、栄養バランスが取れた食事をしっかりととることが、顎ニキビ予防・改善にはとても大切になってくるんですね。食事は多すぎても少なすぎてもやはりだめなんです。

顎ニキビは食べ過ぎが原因?

顎ニキビができる原因の一つに、食べ過ぎというものはあります。例えば、脂肪分が多い食事や塩分が多い食事や肉中心の食事などを好んで食べる方の場合、顎ニキビが出来やすいと感じているのではないでしょうか?実はこの脂っこい食事、塩分が多い食事、肉中心の食事というのは、男性ホルモンの分泌を促すといわれています。男性ホルモンが活発に分泌されるとどのようなことが起こるのかというと、皮脂の分泌が過剰になるということが起こるんです。ニキビの原因菌といわれているアクネ菌は、皮脂を好んで餌にします。皮脂が沢山あればあるほど、アクネ菌は活動を活発化させてどんどん増殖して行きます。その結果、ニキビが出来るということが起こります。また、皮脂が過剰に分泌されれば毛穴に詰まります。毛穴に詰まった皮脂を餌にアクネ菌が増殖すれば、アクネ菌の分泌物によって毛穴周りが炎症を起こし、赤ニキビが出来てしまうということが起こります。顎は実は汗の分泌は少なくても皮脂は分泌されやすい状態なので、男性ホルモンの分泌が活発になることで起こる皮脂の過剰分泌の影響が出やすいんですよ。

顎ニキビの甘いものの関係

甘いものと顎ニキビは関連があります。甘いもの、つまり糖分は正常なら体内で分解されエネルギーになりますが、大量に摂取されると分解しきれなくなりグリコーゲンに変化し、肝臓などに蓄積されて、その結果中性脂肪となります。中性脂肪はもちろん太る原因であることは承知の上ですが、ニキビにとっては皮脂を作り出す材料になります。ですから、甘いものを食べると皮脂分泌量が増え、顎にもニキビができやすくなります。また同時に、糖分はビタミンB群を消費します。ビタミンB群はニキビの主な原因となる脂質を分解する優れものですが、糖分の大量摂取によりビタミンB群を消費、吸収する為、脂質がビタミンB群によって分解されずに皮脂がどんどん作られてニキビができます。ですから、ニキビはもちろん、顎ニキビを防ぐには、甘いものを控えて皮脂の材料となる中性脂肪の増加をおさえることと、そして、ビタミンB群を消費する甘いものつまり糖分を控えて、さらにビタミンB群を多く摂取して脂肪を分解させるように心がけましょう。顎ニキビは糖分の中でも主に砂糖によってできることを忘れないでおいてください。

 

メルラインの特徴
  • あご・フェイスラインのニキビ予防ができる
  • あご以外にも顔・デコルテ、お尻、二の腕にも使える
  • 累計販売数10万個を超える人気商品
  • ニキビを改善し肌の状態を正常に導く効果のある成分を配合
  • 潤いをたっぷりあたえて肌を整えていくため10種類の保湿成分を配合

 

 

  

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ