顎ニキビ ファンデーション

顎ニキビはファンデーションでは隠せませんでした。もちろん、化粧が上手な方はミネラルファンデで上手に顎ニキビを隠すんでしょうけど、不器用な私には顎ニキビをファンデーションで隠すことがむつかしかったんです。最終的には、普通にBBクリーム使っていました。
MENU

顎ニキビってエステに行く意味あるの?

顎ニキビのケアのためにエステに行くという人もいますが、基本的にはエステに行けば確かにキレイになることはありますが、エステに行かなくても十分にホームケアで顎ニキビを改善させていくことはできます。顎ニキビができる原因は主に皮脂の過剰分泌が起こることです。この皮脂の過剰分泌がなぜ起こるのかということを考え、そのためのケアをしていくことで、顎のニキビはホームケアで予防・改善していくことが出来ます。まず皮脂の過剰分泌が起こる理由は、ホルモンバランスが崩れること、そしてお肌の乾燥です。男性ホルモンの分泌が盛んになったり、女性なら排卵後プロゲステロンの分泌が活発になることで皮脂の過剰分泌が起こります。肉食中心の食事や脂の摂り過ぎ、塩分の摂り過ぎなどによって男性ホルモンの分泌が盛んになりますので、これを減らす食生活をすることが大切です。お肌が乾燥すると過剰に皮脂が分泌されるため、しっかりと保湿をすることも大切になります。洗顔で皮脂を取り過ぎない、お肌にしっかりと潤いを与えるということを行えば、エステに行かなくてもしっかりとケアをすることが出来ますよ。

顎ニキビと生理の関係

女性の中には生理周期によって顎ニキビが定期的に出来やすくなるという方もいますよね。この生理周期によって出来やすい顎ニキビの原因は、ホルモンバランスが崩れることによって起こるんです。女性には約1ヶ月の中で排卵と生理という二つの大きな境目を持っています。この境目で実は分泌されるホルモンが変わってきます。生理から排卵までの間は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が活発になりますが、排卵から整理までの間はプロゲステロンとう女性ホルモンの分泌が活発になります。このプロゲステロンというのは、性質としては男性ホルモンに近く、プロゲステロンが分泌されると皮脂が過剰に分泌されてしまうんです。その結果、顎の毛穴からは皮脂が過剰に分泌され、顎ニキビが出来やすくなります。このプロゲステロン、実は排卵後妊娠した時に備えて水や脂肪などを蓄えようとする働きがあります。妊娠していないときにはどうしてそんなホルモンが分泌されるの?と言いたくなりますが、妊娠した時にはとても大切な役割を担っているホルモンになっているんですよ。

 

日本で一番売れているあごニキビケア薬用化粧品が存在していた事実

このページの先頭へ